キャッシングで注意すべきことサイト内の情報について

当サイトはキャッシングサイトを選ぶ際の情報を掲載したサイトです、以前はキャッシング契約をする際は直接店舗で契約する必要がありましたが、現在はネット上でのやりとりで即日、融資されるにも珍しくありません。

キャッシングが容易になった事で増えているのが返済に関するトラブルです、具体的には返済期限内での返済遅延、返済を数ヶ月に渡り滞る等が代表的な例です。

数回のトラブルの後で再度、キャッシング契約を試みると契約を拒否されるケースもあり事故歴として消費者金融系や信販系会社、銀行金融機関に事故歴が共有されるケースがあります。

この状態になると今後もキャッシング、クレジットに関する新規契約が難しい状態となり仮に契約できても金利が高く営業形態が妖しい金融会社やヤミ金と言われる不法金利での高利貸しから借りる最悪な結果となります。

当サイトではキャッシング契約の常識、キャッシングを控えるべき人のタイプ、事故歴に関する情報など掲載、また比較的、審査の優しい金融会社、銀行のキャッシング会社情報、返済不可能な状態に陥った人が取るべき処置についても説明しています。

ネットキャッシング契約で確認すべきポイント

キャッシング会社を選ぶ際の選択ポイント

キャッシング契約前に確認するべきポイントについて説明します。まず返済回数によって金利が変動するタイプか否かを確認することです。

● キャッシングの金利は変動制か固定か確認する。

多くのキャッシング会社では融資から30日以内の一括返済では金利なしのサービスを実地しており少額の借り入れの場合は30日以内、一括支払いの金利ナシを利用するのが得策です。

● ネット上で契約が完遂できるサービス

ネットでの融資申請後に店頭に出向くこと無く審査ができるサービスを利用しましょう、本人確認のために申請書類に記載された電話番号に確認電話、審査が通った後には契約書類が送られてくるのが通常の手続きですが、わざわざ店頭に出向く手間が省けるのがメリットです。

● ATM手数料が無料サービスなキャッシングサービスを利用

返済時には金融機関ATMから振込する機会が増えますが手数料が発生します、しかしキャッシングサービス会社が提携しているATMからの振込の場合、手数料ゼロとなるケースが多く利用することで手数料負担を回避することが可能です。

記事一覧


無担保融資と担保融資
無担保融資と担保融資の違い、キャッシング・ローンと銀行ローンの違いについて

審査の通りにくいタイプ
審査が通りにくい属性に該当する人のタイプについて審査で避けられる項目について

審査に通りやすい人
審査の通りやすい人の特徴と高齢者の場合、審査が通りにくい理由について

事故歴とは
キャッシングの事故歴についての説明、事故歴がつくと今後の借り入れが難しくなる理由

任意整理とは
任意整理の仕組みについて、クレジットカード破産者について

自己破産とは
自己破産は全ての借金が帳消しになるわけではない、自己破産をするとその後の借り入れはほぼ無理となる。

個人民事再生とは
個人民事再生は裁判所が裁定を下す法的拘束力が非常に強い支払い方法

キャッシング総量規制
キャッシング総量規制についての説明、キャッシング限度枠について

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンの特徴とまとめ

三菱東京UFJ銀行ローン
三菱東京UFJ銀行の特徴とまとめ

新生銀行カードローン
新生銀行カードローンの特徴とまとめ

りそなプレミアムカードローン
りそなプレミアムカードローンの特徴とまとめ

イオン銀行カードローン
イオン銀行カードローンの特徴とまとめ

楽天銀行カードローン
楽天銀行カードローンの特徴とまとめ

借り換えローン
消費者金融ローンと銀行ローンを比べると銀行ローンの方が金利が安い。

事故歴ありでも借りれる理由
事故歴があっても年齢や就職先によって再び融資、カードを作ることは可能な理由について

返済問題の対応
キャッシング返済に問題が有る場合の対応方法について、返済額の見直しと生活スタイルの見直し

契約、返済方法まとめ
キャッシング契約前に確認すべきチェックポイントと返済方法の確認事項について