過去に事故歴がある人でも借りれる理由

過去にキャッシング会社、金融会社、信販系、銀行などのキャッシング・ローンで事故歴がついた人が新規に融資を受けるのは非常に難しいと言われます。

クレジットカードによる自己破産、任意整理、個人民事再生など受けた人も同じですが自己破産をのぞき返済見直しをした人が返済完済した後、数年後にクレジットカードを持てるケースも報告されています。

審査が通る、通らないの可否は各金融会社、信販会社によって違うので確実ではありませんが年齢が40代以下、完済後に新規借入なし、車ローンやデパート独自でのローン返済も問題なく完済している、正規社員で一定期間就業しているなどの条件が重視されているようです。

● 年齢が若い、働き盛りであること(就職が高年齢より容易)
● 借り入れなし
● 車ローン、デパート独自の買物ローン返済問題なし
● 正規社員、公務員
● 同じ就業先で一定期間働いている実績(返済の見込あり)

などが判断条件となり特に働いている点、年齢が若い点は特に有利になります、逆に退職間近の人、就職先が数年内で転々としている人は融資の面で不利と言われています。

また年収の多い自営業者の人でも法人されていない、法人して間もない会社の場合は収入が安定していても審査が通らないケースが多く、その場合は付き合いのある銀行に定期預金することで実績を作り銀行系カードを作るという方法で取得することも可能です。

また年齢層が高くなると賃貸アパートを借りる際にも保証人問題が発生します、具体的には40代独身の人が賃貸アパートを借りる際に親を保証人につけても高齢なため保証人として適用できないケースです。