キャッシング総量規制について

キャッシング、カードローンの総量規制について、まず総量規制は2010年6月18日に施行された貸金業法となり総量規制とは借り入れできる金額が年収の3分の1程度に規制された状態を指します。

300万の収入がある場合は借り入れできる最大限度額は100万円までという事です。この100万円の返済が終わらない限り新規での借り入れが出来ない状態になります。これはあくまでもキャッシングに関してとなりクレジットカードで物品を購入したりする場合は総量規制対象外として購入することが可能です。

ただし、以下の場合においてはクレジットカードも総量規制となります。

● クレジットカードでのキャッシング

次に銀行からの借り入れは総量規制にあたるのか?についてですが銀行の貸付は総量規制対象外となります。キャッシングの借り入れと銀行からの借り入れの合計が年収の3分の1を超えている場合でも総量規制対象外となるケースがほとんどのようです。

また銀行カードローンでの利用が年収の3分1を超えた場合でも総量規制対象外となります。総量規制は貸金業者からの借り入れが対象なので銀行からの貸付に関しては総量規制対象外と覚えておくと良いでしょう。

以前は保証人をつければ最大限度枠から更に上の金額を貸付する業者もいたようですが現在では保証人がついても年収の3分の1までの貸付しか行えないようになっています、仮に保証人をつければ貸付額を増やすという業者に出会った場合、限りなくグレーな業者と言えます。

ちなみに総量規制の基準となる年収は定期的収入が目安となっており下記の項目に該当する場合において総量規制内で借り入れが可能となります。無収入、収入が不安定な派遣社員など貸付を断られるケースが増えてきているのはそのためです。

● 給与
● 年金
● 恩給
● 不動産賃貸収入(定期的に収入が発生する)
● 事業所得(過去の事業所得から継続している事が認められた場合)

おおまかに上記に該当するものが定期的収入として法令で定められているものです、これ以外の臨時収入を元にした総量規制は認められていません。

例 :宝くじ、遺産相続、競馬など