総量規制対象外の銀行カードローン

キャッシング、クレジットカードを使ったキャッシングには総量規制の対象となるのはこの記事で説明していますが、総量規制により年収の3分の1までしか借り入れができない状況だと上限枠よりも更に多くキャッシュが必要な人の場合困った状況になることも少なからずあります。

一番よいのは返済を早く終わらせて借り入れ額を最小にすることですが、そうも言ってられない場合、どうしてもまとまった金額が必要な場合に検討したいのが銀行カードローンを利用することです。

総量規制の対象となるのは主に「消費者金融、クレジットカード会社のキャッシング、信販会社のキャッシング」となり銀行からの借り入れは総量規制対象外となっています。つまり銀行の上限枠内で借りることが可能であるということです。

総量規制対象外のカードローンにも当然、審査が必要となりますが即日審査、最短融資を謳っている銀行がおおく審査が通れば数日内に必要なお金が自分の口座に振り込まれます。

また、銀行カードローンの最大の特徴は専業主婦でもカードローンを組むことができる点です。これは専業主婦に収入がなくても配偶者が安定した収入があると証明できれば審査対象となるということです。

ただし、配偶者に黙って審査を受けるのはやめておきましょう、審査の段階で配偶者へ確認電話が届くので配偶者とよく相談し双方合意の上で審査に申し込むようにしましょう。

総量規制対象外のローンには銀行カードローン以外に下記の対象外項目があります。

● 総量規制例外貸付 
  借り換えローン、おまとめローンなど、個人事業主へ貸付、緊急医療費貸付

● 総量規制除外貸付 
  住宅ローンのつなぎ資金、自動車ローン、高額医療費