審査の通る人と審査の通らない人の違い

キャッシングとローン同じお金を借りる行為ですが両者には違いが有るのは社会人の方ならご存知かと思います。キャッシング=信用貸付もしくは無担保融資というタイプの貸付方法に該当するもの。

逆に銀行ローンなどの担保融資は借り入れる金額がキャッシングと比べて大きな額。そして金額に見合う担保保証が必要となるケースがほとんどという事。

サラリーマンの人が何千万円もの家を購入するとき銀行から融資を受けて建てるケースがほとんですが、「何を担保」として融資するのかと言うと「勤続年数、収入、年齢」などです。もちろん土地を所有している人なら土地の価値を担保に融資を受けることも可能です。

● 融資しても返済がちゃんとできるか?が一番大事なポイント

それに対して無担保融資の場合、担保としての審査が銀行ローンと比べてより厳しい目で見ることになります。担保がない人に貸し付けて返済を滞られると消費者金融、クレジットカード会社にとっては損失でしかありません。

そのため融資する際には細かい審査基準を設けて返済できると判断された人へのみ融資することになります。

逆説的に言えば融資されない人の特徴はこの1点です。

● 融資側から見て返済に問題ありと判断された人

審査基準は各消費者金融会社、クレジットカード会社によって違いはあり、A社で審査はダメだったがB社ではOKだったというケースも珍しくありません。

当サイトではそれらの点についても説明しているので審査を受ける前の知識として参考にしてみてください。