任意整理の意味と任意整理に陥るケース

任意整理とはキャッシング、クレジットカードの支払いが破綻した人が金利見直しや過去支払い済み分の金利見直しで借金額を圧縮してもらい支払いを続ける状態であることを「任意整理」と呼びます。

任意整理は自己破産と違い借金を払えないのではなく、「払う金額を再設定するため」に借りた側と貸した側で協議して今後継続して払うことができる金額を決定するという意味があります。

支払いが難しくなってしまう人の共通する特徴のひとつに「複数の消費者金融から借り入れがある」という点、そして毎月の返済額と残額を正確に把握できていないという点があります。返済が次々と発生するので自分が支払う金額について冷静な判断ができず自転車操業と呼ばれる「返済のためにお金を借りて、借りたお金のために又、借金をする」状態に陥ります。

この状態になると雪だるま式に月々の返済額が増えていく数社の返済だけで毎月10万以上という状態へ簡単に落ちていきます。一般に借金の返済額は月の収入の2割以内に抑えるべきと言われており、それを超える返済額は返済能力が低下する危険性が高くなるようです。

キャッシングのみならず通販で大型家電をローンで購入する人、自動車を新車で頭金なしで全てローンで購入する人も返済能力に問題が生じるリスクが高くなります。

上記のパターンで月々の返済額が用意できなくなった人達が最終的に行き着くのが、「任意整理」であったり「自己破産」であったり「個人民事再生」となります。

任意整理の場合、完済から数年経てば銀行でローンも組めたという報告を耳にすることもありますが、かなりラッキーなケースと言えるでしょう。通常、任意整理を行ったクレジットカード会社、信販系、消費者金融では今後二度と借り入れは不可能となりクレジットカードを作りたくても個人信用情報機関に事故歴として登録されるので作ることはほぼ無理となります。