キャッシングの審査に通りやすい人の属性

キャッシング審査に通りやすい人は「審査に通りにくい人」と逆の属性を持っている人となります。
簡単な例を挙げれば下記のような人達は審査に通りやすい人達です。

● 借金がない、または借金はあるが毎月返済を遅れずに行っている
● 20代、30代の健康で定職に付いている人
● 正社員、公務員として働いている人
● 離婚歴のない人
● 勤労年数が長い人
● 持ち家住まい
● クレジットカードの利用歴があっても返済の事故がない
● 税金の滞納がない、滞納があっても完済済みな人

などの属性に該当している人は審査が通りやすくなります、借り入れできる金額の上限は年収、勤労年数、年齢などを考慮して決定されますが、気をつけたいのは年齢がある程度高い人が無借金の場合、審査の際に無借金で有ることが逆に戸籍を婿養子などで変更し過去の事故歴をごまかしていると疑われる場合があります。

必要ないのに積極的に借り入れをする理由はありませんが「信用度」という点で金額の大小を問わずに借り入れした金額を滞納無く返済済みの人のほうが貸す側としては信用がおけるようです。

ただし、資産持ちで今まで借りる必要がなかった人の場合は資産を担保として貸すことが可能なので資産にあった借入額が可能となるようです。

無借金、事故歴なしの人でも高齢者、年金受給者くらいの年齢の人だと借り入れは難しくなります。年齢的に働くのが困難な状況が増える、高齢のため定職につくことが難しい、健康面で継続して働けない場合のリスクが高いなどが審査基準の高くなる理由です。