遺言書に知らない名前が記載されていた場合(法定相続人探し)

法定相続人探し

相続の手続きを行うに当たっては、法定相続人探しを行って、法定相続人が誰なのかを確定しなければなりません。法定相続人探しを行わずに手続きを進めてしまうと、後から法定相続人が現れて問題となる可能性があります。

また、遺言書が作成されている場合は、その内容に従って財産を分割していくことになります。遺産分割の協議を行っている当事者の名前だけが出てくる遺言書であれば、相続分などで争いが生じる可能性はあるものの、当事者が納得する形での協議を進めていくことが容易です。しかし、家族の知らない人の名前が記載されているというケースもありえます。

被相続人がお世話になっていた人の名前が記載されている場合、必ずしも家族に紹介しているとは限らないためです。法定相続人探しをしている時には出てこない名前なので、当事者としては対応に苦慮します。しかし、家族の知らない人であっても、遺言書に記載されている以上、原則として相続財産を渡さなければなりません。”

法定相続人探すなら
原一探偵事務所@浮気調査の口コミ・評判

相続人を探す@所在不明の法定相続人を見つけるテクニック
相続人 探す