キャッシング総量規制について

複数の借り入れを一本にまとめる借り換えローン キャッシング総量規制

キャッシング、カードローンの総量規制について
まず総量規制は2010年6月18日に施行された貸金業法となり総量規制とは借り入れできる金額が年収の3分の1程度に規制された状態を指します。

300万の収入がある場合は借り入れできる最大限度額は100万円までという事です。

この100万円の返済が終わらない限り新規での借り入れが出来ない状態になります。

これはあくまでもキャッシングに関してとなりクレジットカードで物品を購入したりする場合は総量規制対象外として購入することが可能です。

ただし、以下の場合においてはクレジットカードも総量規制となります。

クレジットカードでのキャッシング:総量規制

次に銀行からの借り入れは総量規制にあたるのか?についてですが銀行の貸付は総量規制対象外となります。
キャッシングの借り入れと銀行からの借り入れの合計が年収の3分の1を超えている場合でも総量規制対象外となるケースがほとんどのようです。

また銀行カードローンでの利用が年収の3分1を超えた場合でも総量規制対象外となります。
総量規制は貸金業者からの借り入れが対象なので銀行からの貸付に関しては総量規制対象外と覚えておくと良いでしょう。

以前は保証人をつければ最大限度枠から更に上の金額を貸付する業者もいたようですが現在では保証人がついても年収の3分の1までの貸付しか行えないようになっています。
仮に保証人をつければ貸付額を増やすという業者に出会った場合、限りなくグレーな業者と言えます。

ちなみに総量規制の基準となる年収は定期的収入が目安となっており下記の項目に該当する場合において総量規制内で借り入れが可能となります。
無収入、収入が不安定な派遣社員など貸付を断られるケースが増えてきているのはそのためです。

  • 給与
  • 年金
  • 恩給
  • 不動産賃貸収入(定期的に収入が発生する)
  • 事業所得(過去の事業所得から継続している事が認められた場合)

おおまかに上記に該当するものが定期的収入として法令で定められているものです。

これ以外の臨時収入を元にした総量規制は認められていません。

例 :宝くじ、遺産相続、競馬など

キャッシング総量規制

総量規制対象外の銀行カードローン

キャッシング、クレジットカードを使ったキャッシングには総量規制の対象となるのはこの記事で説明していますが、総量規制により年収の3分の1までしか借り入れができない状況だと上限枠よりも更に多くキャッシュが必要な人の場合困った状況になることも少なからずあります。

一番よいのは返済を早く終わらせて借り入れ額を最小にすることですが、そうも言ってられない場合、どうしてもまとまった金額が必要な場合に検討したいのが銀行カードローンを利用することです。

総量規制の対象となるのは主に「消費者金融、クレジットカード会社のキャッシング、信販会社のキャッシング」となり銀行からの借り入れは総量規制対象外となっています。

つまり銀行の上限枠内で借りることが可能であるということです。

総量規制対象外のカードローンにも当然、審査が必要となりますが即日審査、最短融資を謳っている銀行がおおく審査が通れば数日内に必要なお金が自分の口座に振り込まれます。

また、銀行カードローンの最大の特徴は専業主婦でもカードローンを組むことができる点です。これは専業主婦に収入がなくても配偶者が安定した収入があると証明できれば審査対象となるということです。

ただし、配偶者に黙って審査を受けるのはやめておきましょう。

審査の段階で配偶者へ確認電話が届くので配偶者とよく相談し双方合意の上で審査に申し込むようにしましょう。

総量規制対象外のローンには銀行カードローン以外に下記の対象外項目があります。

  • 総量規制例外貸付 
      借り換えローン、おまとめローンなど、個人事業主へ貸付、緊急医療費貸付
  • 総量規制除外貸付 
      住宅ローンのつなぎ資金、自動車ローン、高額医療費

総量規制対象外の銀行カードローン

複数の借り入れを一本にまとめる借り換えローン

キャッシング、クレジットカードを複数枚持っている人が陥りやすいのが返済額を把握しきれないこと。

特に返済日が消費者金融、クレジットカード会社、信販会社と複数あると毎月の返済額のトータルだけ確認し「どの借り入れがどのくらい残債あるのか?あと何回で返済が終わるのか?」など細かく把握することが疎かになりがちです。

総量規制によって借り入れできる上限が設けられたことで複数の消費者金融から小口で借りる人も増えており、管理できない人は支払い遅れや延滞を繰り返し事故歴が付いてしまいます。

そういう人に検討してもらいたいのが銀行ローンによる「おまとめローン、借り換えローン」です。

銀行ローンを勧める理由は銀行ローンは総量規制対象外であること、複数の借り入れを消費者金融でまとめようとすると総量規制の年収3分の1にひっかかる場合があります。

しかし、銀行ローンなら総量規制対象外なので借り入れできる上限も高くフリーローンとして複数の借り入れを一本にまとめることが可能です。

総量規制対象外なので年収3分の1の枠にとらわれること無く自分で借りれる限度枠内でおまとめローンを組む事が可能です。

おまとめローン、借り換えローンの目的は複数の借り入れをひとつにまとめること。

そして金利の安い銀行ローンなら消費者金融からの借り入れよりも安く支払うことが可能です。

銀行ローンのメリット
  • 総量規制対象外なので年収の3分の1を超える借り入れが可能
  • おまとめローンなら複数の借り入れを一本化することができ返済計画も把握しやすい
  • 金利が安い銀行ローンの返済の方が消費者金融ローンよりトータルの支払額が安く収まる

特に金利は銀行ローンの方が間違いなく消費者金融金融より安く設定されているので同じ金額を借りても銀行ローンの方が最終金額は安くなります。